GMOとくとくBB

WiMAX おすすめプロバイダー7社の比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UQ WiMAX

WiMAXは、どの代理店(プロバイダー)で契約しても、同じ端末だし回線速度も遅くなったりしません。その理由を推測すると次のとおりです。

端末は、WiMAXのキャリアであるUQ コミュニケ―ジョンズが提供しています。

UQコミュニケーションズは、WiMAX2+回線を運用していて、全国で440Mbpsという速度をPRしています。

契約するプロバイダーによって速度が遅かったりすると、WiMAX全体のイメージが悪くなるので、UQ WiMAXと他のプロバイダーの速度に違いが出ないように、回線に制限をかけていないためだと思われます。

ただ、契約するプロバイダーによって、月額料金が大きく違ったり、キャッシュバックがあったり、端末が無料のところがあったりします。

損をしないためのプロバイダー選びは大切です。

金額やキャンペーンは2020年5月現在です。
最新の情報は各公式サイトをご覧ください。

1.一番のおすすめはGMOとくとくBB

これから新たにWiMAXを契約するのなら、私ならGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

・最新端末が無料でついてくる
・月額料金が業界で一番安い
・契約して20日以内なら違約金0円で解約できるサポートがある

これらがとても魅力的で、他のプロバイダーとは一線を画しています。料金は、キャッシュバックまたは月額料金割引が選択できて、業界最安値です。

しかもGMOとくとくBBは東証一部上場企業なので、信頼性も大きいです。

⇒ GMOとくとくBBを月額料金割引で申し込む

⇒ GMOとくとくBBをキャッシュバックで申し込む

2.WiMAXプロバイダーの選び方 料金比較

どこを選んでも速度は変わりません。それなら

・月額料金の安いプロバイダーを選びましょう。

WiMAXの契約期間はとても柔軟になりました。1年契約、2年契約、3年契約、期間自由が選べますが、プロバイダーによって契約期間が違います。

ここでは各プロバイダーが用意している契約期間の範囲内で、月額に換算するといくらになるのかを比較してみます。ギガ放題の場合です。

プロバイダー 月額料金(税別)
GMOとくとくBB
キャッシュバックなし
3,525円(端末は無料)
GMOとくとくBB
キャッシュバック27,000円
3,477円(端末は無料)
Broad WiMAX 3,573円(端末は無料)
カシモWiMAX 3,686円(端末は無料)
DTI WiMAX 3,519円(端末は無料)
BIGLOBE WiMAX 3,980円(端末は別途19,200円)
UQ WiMAX 4,380円(端末は別途15,000円)

※月額料金は、契約期間満了までの支払総額を、3年契約は36で、2年契約は24で、1年契約は12で、それぞれ割った金額です。初期費用3,000円は含まれていません。

3年契約は、GMOとくとくBB、Broad WiMAX、カシモWiMAX、DTI WiMAX
2年契約は、UQ WiMAX
1年契約は、BIGLOBE WiMAX

料金比較表のとおり、月額料金が一番安くおすすめなのは、GMOとくとくBB WiMAXです。ただし、他のプロバイダーにもメリットがありますので、次は各プロバイダーの特徴をご説明します。

3.おすすめのWiMAXプロバイダー7選

ここまでで料金の安いプロバイダーと、運営会社であるUQ WiMAXの料金をご紹介しました。ここでは各プロバイダーの特徴をご紹介します。

GMOとくとくBB・・東証一部上場企業で信頼性が高く、月額料金も安く、ネットから解約等の手続きができて総合的におすすめ。端末が無料

Broad WiMAX・・他プロバイダーからの乗り換えで違約金を補てん。クレジット払いで初期費用18,857円が不要。端末が無料

カシモWiMAX・・1カ月目の料金が安く設定。端末が無料

DTI WiMAX・・口座振替で支払いできる唯一のプロバイダー。端末が無料

BIGLOBE WiMAX・・最低利用期間が1年。端末は19,200円。SIMだけの契約もできる

UQ WiMAX・・WiMAXのMNO。端末は15,000円。キャッシュバックが早い

GMOとくとくBB WiMAX 月額料金が安くネットで契約満了解約ができる 総合的におすすめ

GMOとくとくBB WiMAXのギガ放題料金プランです。

月額料金が安いプラン キャッシュバックプラン
1カ月目
~2カ月目
2,590円 3,609円
3カ月目
~24カ月目
3,344円 4,263円
25カ月目以降 4,263円 4,263円
3年間の合計 129,904円 152,160円
キャッシュバック 3,000円※1 27,000円
トータル額 126,904円 125,160円

※事務手数料3,000円は別途必要です。
※支払いはクレジットカードのみ

※1 月額料金が安いプランのキャッシュバックは、以前はなかったもので、今後も続くのかは未定です。
※キャッシュバック金額は変動しますから最新の情報は公式サイトでご確認ください。
キャッシュバックは、11カ月目に、GMOの基本メールアドレス(申込み時に作成されるGMOのアドレス)宛に、キャッシュバック特典の振込みに関する指定口座確認の案内メールが来るので、振込み先の口座情報を登録する必要がある。少し面倒。

トータルの支払金額で大差ないうえに、キャッシュバックの口座登録を忘れるとキャッシュバックが無効になるので、面倒に思う方は月額の安いプランの選択がおすすめです。

ギガ放題がおすすめ

WiMAXには、「月7GB」までのプランと「使い放題」のプランがあります。

動画などを見るとすぐに2GBとか使ってしまうので、データ量を気にせず使いたい方や、どっちにしようか迷っている方は、「ギガ放題」にするのがおすすめです。

あとでネットから変更することも可能です。

違約金

GMOとくとくBBでは端末が無料でついてくるのは3年間の契約だからです。途中で解約するとかなり高額な違約金が発生しますので注意してください。

1カ月目~12カ月目 19,000円
13カ月目~24カ月目 14,000円
25カ月目以降 9,500円

※更新月は契約満了月の翌月(37カ月目)です。更新月の解約は違約金がかかりません。

GMOとくとくBBは、月額料金が安いうえに最新端末が無料でついてくるのが魅力です。メリットとデメリットを較べてみてください。

GMOとくとくBBのメリット
・キャッシュバックが大きい
・ネットから支払い状況などの確認ができる
・たまったポイントは支払いに使える
・契約満了時にネットから解約できる

GMOとくとくBBのデメリット
・キャッシュバックが遅く手続きが必要
・途中解約の違約金が高い

GMOとくとくBBはこんな方におすすめです

・3年間利用する予定がある。
・一番安く最新端末を使用したい。
・契約満了時にネットから手軽に解約したい。

⇒ GMOとくとくBBを月額料金割引で申し込む

⇒ GMOとくとくBBをキャッシュバックで申し込む

Broad WiMAXは 他からの乗り換えの場合 違約金を負担してくれる

Broad WiMAXの料金プランです。

ギガ放題プラン
1カ月目
~2カ月目
2,726円
3カ月目
~24カ月目
3,411円
25カ月目以降 4,011円
3年間の合計 128,626円
キャッシュバック 0円
トータル額 128,626円

※事務手数料3,000円は別途必要です。
※支払いはクレジットカードと口座振替が可能

Broad WiMAXも料金が安いので利用される方は多いです。次のことに注意。

初期費用18,857円が必要ですが、ほとんどの方は次の条件をクリアして0円にしています。条件は「Web申込」「月額最安プラン」「クレジットカード払い」「指定オプション加入」です。

一番気になるのが指定オプション加入ですが、端末到着後ならいつでも解約できます。

初期費用18,857円とは

Broad WiMAXでは、端末相当分と説明していましたが、ライバル他社が端末無料でユーザーを集めていることから、一定の条件で実質無料になります。

これとは別に、事務手数料3,000円は契約時に必要です。

違約金

BroadWiMAXで端末が無料でついてくるのは3年間の契約だからです。途中で解約するとかなり高額な違約金が発生しますので注意してください。

1カ月目~12カ月目 19,000円
13カ月目~24カ月目 14,000円
25カ月目以降 9,500円

※更新月は契約満了月の翌月(37カ月目)です。更新月の解約は違約金がかかりません。

乗り換えに伴う違約金の補助サービス

「契約解除料負担のお乗換えキャンペーン」があります。

現在の他社Wi-Fiサービスを契約中の方限定で「初期費用0円」「契約解除料負担」でBroadWiMAXに乗換えできるキャンペーンです。最新端末を含む人気のWiMAX端末を無料で選ぶことができます。

今契約しているWiMAXの契約解除料が高くて困っている方、月額料金を少しでも安くしたい方は乗換えを利用するメリットは大きいかも。

Broad WiMAXのメリット
・他社からの乗り換えで違約金を負担してくれる
・月額料金が最安級でGMO並みに安い

Broad WiMAXのデメリット
・口座振替の場合は初期費用18,857円がかかる
・初期費用18,857円を0円にするためにオプション加入が必要
・途中解約の違約金が高い

Broad WiMAXはこんな方におすすめです

・他社から乗り換えたいが違約金を払いたくない
・3年間利用する予定がある。
・安く最新端末を使用したい。

⇒ BroadWiMAXを申し込む

DTI WiMAXは、2カ月目まで無料、料金が最安級で口座振替が利用できる

DTI WiMAX2+のギガ放題料金プランです。

ギガ放題プラン
1カ月目
~2カ月目
0円
3カ月目 2,590円
4カ月目以降 3,760円
3年間の合計 126,670円
キャッシュバック なし
トータル 126,670円

※事務手数料3,000円は別途必要です。
※支払いはクレジットカードと口座振替が可能

端末がついてこの料金はGMO並みに最安級です。また、次のような特典があるのは魅力です。

・NTTグループカードに新規入会してDTI料金を支払うと、毎月500円を1年間合計6,000円がキャッシュバックされます。
・DTI会員になると、全国の宿泊施設、レジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、
レストラン、居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できる。

違約金

DTI WiMAX2+で端末が無料でついてくるのは3年間の契約だからです。途中で解約するとかなり高額な違約金が発生しますので注意してください。

1カ月目~12カ月目 19,000円
13カ月目~24カ月目 14,000円
25カ月目以降 9,500円

※更新月は契約満了月の翌月(37カ月目)です。更新月の解約は違約金がかかりません。

DTI WiMAX2+のメリット
・2カ月目まで無料で使える
・支払いに口座振替が利用できる
・月額料金が最安級でGMO並みに安い

DTI WiMAX2+のデメリット
・途中解約の違約金が高い

DTI WiMAX2+はこんな方におすすめです

・3年間利用する予定がある
・クレジットカードを使いたくなくて口座振替にしたい

⇒ DTI WiMAX2+を申し込む

カシモWiMAX 1カ月目の料金が安い

カシモ WiMAXの料金プランです。

ギガ放題プラン
1カ月目 1,380円
2カ月目
~24カ月目
3,580円
25カ月目以降 4,079円
3年間の合計 132,668円
キャッシュバック 0円
トータル額 132,668円

※事務手数料3,000円は別途必要です。
※支払いはクレジットカードのみ。

GMO、BroadWiMAX、DTIなどよりは若干高くなります。1カ月目が安いのが特徴です。

特典は、動画配信サービスU-NEXTに加入すると、初月は無料になります。

違約金

カシモWiMAXで端末が無料でついてくるのは3年間の契約だからです。途中で解約するとかなり高額な違約金が発生しますので注意してください。

1カ月目~12カ月目 19,000円
13カ月目~24カ月目 14,000円
25カ月目以降 9,500円

※更新月は契約満了月の翌月(37カ月目)です。更新月の解約は違約金がかかりません。

カシモ WiMAXのメリット
・1カ月目の料金が安い

カシモ WiMAXのデメリット
・途中解約の違約金が高い

⇒ カシモWiMAXを申し込む

BIGLOBE WiMAXは1年契約で違約金は1,000円

BIGLOBE WiMAXの料金プランです。

ギガ放題プラン
1カ月目以降 3,980円
1年間の合計 47,760円
2年間の合計 95,520円
キャッシュバック 15,000円※1
2年間のトータル額 80,520円

※事務手数料3,000円は別途必要です。
※支払いはクレジットカードと口座振替が可能

※1 端末(19,200円)をセットで申し込むときのキャッシュバックです。SIMのみではキャッシュバックはありません。
※端末は有料で全機種19,200円です。

BIGLOBE WiMAXは1年契約 解除料は1,000円

最短契約期間は1年です。1カ月目から12カ月目までの間に解約すると、契約解除料1,000円がかかります。

キャッシュバックは翌月にもらえる

ギガ放題契約でデータ端末を同時に申し込んだ場合、サービス開始日の翌月に15,000円のキャッシュバックがもらえます。

「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になります。

振込希望の金融機関情報を入力すると、指定口座受け取りの手続き完了から数日後に振り込みが行われます。

翌月の2日目から45日間の間に指定口座の登録が行われなかった場合は、キャッシュバックは無効になるので必ずもらいましょう。

サービス開始月にBIGLOBE WiMAX 2+を解約した場合は特典対象外です。

(注)キャッシュバックは頻繁に内容が変わるので、最新の情報は公式サイトでご確認ください。上記の内容は2020年5月現在です。

BIGLOBE WiMAXでは、割引特典があります。
auのスマホ料金が最大1,000円割引になる。
UQモバイルとBIGLOBE WiMAXを同一名義で契約しギガMAX月割りに申し込むと最大500円割引になる。

SIMのみの契約ができる

これは今のところBIGLOBE WiMAXだけのサービスです。端末をお持ちの方に、SIMのみの契約ができます。

契約が満了して解約したW05などをお持ちの方は、SIMだけ入れればWiMAX2+が使えます。料金は月額3,980円。最短契約期間は1年です。キャッシュバックはありません。

BIGLOBE WiMAXはメリットが多いのでよくご検討ください。

BIGLOBE WiMAXのメリット
・契約期間が1年と短い
・違約金が1000円と安い
・口座振替が使用できる
・キャッシュバックが翌月にもらえる
・SIMのみの契約がある

BIGLOBE WiMAXのデメリット
・端末が別途有料(19,200円)
・月額料金が比較的高い

BIGLOBE WiMAXはこんな方におすすめです

・契約期間にしばられたくない
・違約金を少なくしたい
・SIMだけ契約したい

15,000円キャッシュバックキャンペーンを利用すると、19,200円の端末が実質4,200円になります。

⇒ BIGLOBE WiMAX 2+

UQ WiMAX WiMAXを運営するMNOです

UQ WiMAXの「2年自動更新あり」料金プランです。

ギガ放題プラン
1カ月目以降 3,880円※1
2年間の合計 93,120円
キャッシュバック なし
2年間のトータル額 93,120円

※事務手数料3,000円は別途必要です。
※支払いはクレジットカードと口座振替が可能
※端末は有料で全機種15,000円です。

※1 月3,880円は「2年自動更新あり」の場合です。 「2年自動更新なし」の場合は、26カ月目以降は月4,050円に、「期間条件なし」の場合は1カ月目から月4,050円になります。

更新月以外に解約すると契約解除料1,000円がかかります。(期間条件なしを除く)

UQ WiMAXのメリット
・違約金が1,000円と安い
・運営事業者なのでサポートがしっかりしている
・期間条件なしなら短期使用が可能
・ちょうどよい2年契約が復活

UQ WiMAXのデメリット
・キャッシュバックが有るときと無いときがある
・端末が有料(15,000円)

UQ WiMAXは、こんな方におすすめです

・料金が多少高くても運営元が安心というかた
・サポートがしっかりしている方が良いという方

⇒ UQ WiMAX

5.よくある疑問点

ギガ放題か7GBまでのプランか

迷ったらギガ放題をおすすめします。動画などを見ると意外とデータ量を使用しますし、動画のダウンロードなら1本2GBとか普通にありますから、あっという間に7GBを超えてしまいます。

私ごとですが、日中に毎日8時間程度の使用で、最高で月に24GB程度使用したことが何度もありました。

上限7GBの場合は、月の途中で7GBに達すると、翌日から速度が128kbpsに制限されて、これはその月が終わるまで続きます。1GB追加で買うということができませんから、ギガ放題の方が安心です。

端末は何を選べばいいか

一般的には最新端末を選びましょうとなるのですが、最新端末であるWX06は、NECプラットフォームズ製です。WX05まではあまり評判の良い機種ではありませんでした。

WX06

WX06の口コミを調べてから選んでください。私なら、性能的にも定評があるW06を選択します。

W06

次の比較表を参考にしてください。

Speed WiFi NEXT WX06
2020年1月30日発売
Speed WiFi NEXT W06
2019年1月25日発売
メーカー NECプラットフォームズ ファーウェイ
速度 下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
下り最大758Mbps※1
上り最大75Mbps
バッテリー 3200mAh
速度優先で約500分
3000mAh
連続540分
重さ 127g 125g
大きさ 111×63×13.3mm 128×64×11.9mm
SIM nanoIC nanoIC
WiFi 2.4GHz帯と5GHz帯を同時使用可 2.4GHz帯か5GHz帯の選択
同時接続台数 16台 16台

※1 東名阪エリアでは、ハイスピードプラスエリアモード併用で、最大1.2Gbpsとなる。(USB接続時)

ホーム型の選択はありか

自宅で固定回線を使う場合は、光回線の方が完全上限なしで便利ですが、予約して工事が必要で、普通で1カ月待ち何てざらにありますし、賃貸物件だと工事ができないこともあります。

次のような方におすすめです。
・すぐに使いたいとき
・工事ができない物件のとき
・工事屋さんが自宅内に入るのが嫌な時
・立ち合いができないとき

WiMAXのホーム型は、HOME L02という機種が最新です。

6.まとめ

まずエリアの確認を

エリア内であれば、WiMAXの選択をおすすめします。

WiMAXが使えるかどうか、まずエリア図で確認しましょう。
⇒ WiMAX2+ のエリア

WiMAXは、どのプロバイダーで契約しても同じ端末で同じ速度です。それなら、あなたの都合に合わせてプロバイダーをお選びになると良いと思います。

GMOとくとくBB・・東証一部上場企業で信頼性が高く、月額料金も安く、ネットから解約等の手続きができて総合的におすすめ。端末が無料

Broad WiMAX・・他プロバイダーからの乗り換えで違約金を補てん。クレジット払いで初期費用18,857円が不要。端末が無料

カシモWiMAX・・1カ月目の料金が安く設定。端末が無料

DTI WiMAX・・口座振替で支払いできる唯一のプロバイダー。端末が無料

BIGLOBE WiMAX・・最低利用期間が1年。端末は19,200円。SIMだけの契約もできる

UQ WiMAX・・WiMAXのMNO。端末は15,000円。キャッシュバックが早い

プロバイダーはそれこそ何十社もありますが、料金が安く、名前のとおった会社である上記の7社を選んで特徴をあげました。

あなたの参考になればうれしく思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする