GMOとくとくBB

WiMAX 2年プランが縮小か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOとくとくBBやカシモWiMAXなどは、プロバイダーであり、販売代理店でもあります。

キャリアであるUQ WiMAXもしくは本体のKDDIとのMVNO契約があるのですが、W05は2年プランの台数と、3年プランの台数が契約で決まっているようです。

その影響か、GMOとくとくBB WiMAXは、2018年11月22日でW05の2年プランの在庫が完売したそうです。WX05も3年プランだけになり、2年プランが契約できるのはW04だけになります。

GMOは料金も安かったので1番のおすすめだったのですが、今後3年プランしかなくなるようなら見直しが必要ですね。

W04(2017年1月25日発売)

W04は一つ前の機種ですが、性能的にはW05と同等で、東名阪エリアの558Mbpsにも対応しています。十分におすすめできる機種です。

⇒ GMOとくとくBB WiMAX2+

カシモWiMAXには2年プランあり

今の時点でW05の2年プランがあるのは、カシモWiMAXだけです。ただ、どこかの時点では3年プランに移行していくでしょう。

W05の2年プランは今のうちです。

⇒ カシモWiMAX

カシモWiMAXは業界最安値なので、料金的にはとてもお得でおすすめできます。

ギガ放題で
1カ月目~2カ月目 1,380円(月額)
3カ月目~24カ月目 3,380円(月額)

3年プラン 大きなキャッシュバック

私はしばり期間が短い2年プランをおすすめしていますが、3年プランが今後の主流になっていくのなら、3年プランのメリットを考えなければなりませんね。

3年プランのメリットは、au 4G LTEの使用料(月額1,005円)が無料になることです。ただし、ギガ放題を契約していても、LTEを使った月は上限が7GBになります。この点はご注意ください。

3年プランを選ぶなら、WX05で契約すると最大42,000円のキャッシュバックがあるのがGMOとくとくBB WiMAXです。

3年プランに納得できるのなら、このキャッシュバックは大きいので、内容をご覧になってください。

リンク先のページがキャッシュバックなしプランとは異なりますので、次のリンクからご覧ください。

⇒ 最大42,000円キャッシュバック GMOとくとくBB WiMAX2+