GMOとくとくBB

ブリッジモードの使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリッジモードの使い方

固定回線の場合
光回線ならルーター機能がついたONUがプロバイダーから提供された機器にあたります。自宅内でWiFi(無線LAN)を使うために無線親機を設置している状態です。

ONUのルーター機能と無線親機のルーター機能がともに働いていると、二重ルーターとなり、場合によっては速度が遅くなったり、パソコンからONUの設定ができなかったりします。

一般的にはONUのルーター機能を残して、無線親機のルーター機能を停止する方法が取られます。このとき無線親機にあるブリッジモードを使用します。

ブリッジモードを使用することで、自動的にルーター機能が停止しますし、無線親機の機能はそのまま使用できるので、パソコンなどのWiFi接続は通常どおり使用できます。

WiMAX回線の場合
自宅に固定回線がある場合、WiMAX端末を無線親機として使うことができます。この場合も二重ルーターになるので、WiMAX端末のルーター機能は停止させます。

この使い方は、APモード(アクセスポイントモード)というつなぎ方で、クレードルにWiMAX端末を置いてクレードルとONUはLANケーブルで有線接続します。

WiMAX端末の設定をAPモードに切り替えることで、クレードルに挿せば自動的にWiMAX端末が無線親機となり、クレードルから外せば自動的にWiMAX2+の接続となります。このAPモードのことをブリッジモードと称する場合がありますが厳密には違います。

APモードにおいてもルーター機能はOFFになります。

ただ、これは本来のブリッジモードとは違います。本来のブリッジモードはこちらのページをご参照ください。
⇒ WiMAX ブリッジモード