GMOとくとくBB

WiMAX 解約 違約金

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではWiMAXの解約と違約金について書いていきます。契約前に解約のことをきちんと理解しておくことが安心に繋がりますね。

解約は中途解約と契約満了時の解約の2種類ありますので、順に説明します。

中途解約の場合

WiMAXの契約期間は、「期間条件なし」、「1年」、「2年」、「3年」と、プロバイダーによって違います。期間条件なしの場合を除き、契約期間が満了しないうちに解約することを中途解約といいます。中途解約の場合は解約手数料(違約金)がかかります。

2019年10月1日から移動体通信の料金体系が大きく変わりました。

中途解約の違約金 1年・2年契約の場合

WiMAXの契約期間は、「期間条件なし」、「1年」、「2年」の3パターンが基本です。期間条件なしの場合は、違約金が全くかかりません。その分、月額料金は高めで、端末も別売りです。

「1年」・「2年」の場合は、違約金は1,000円です。以前に比べれば、格段に安くなりました。その分、以前よりは月額料金が高めになっています。

中途解約の違約金 3年契約の場合

2019年9月までのWiMAXは、3年契約が標準でした。契約が満了するまでは契約条件も変わりません。無料更新月以外に解約すると高額な違約金が発生します。

3年契約の違約金は次の図をご覧ください。

これは、以前UQ WiMAXの公式サイトに載っていた図です。UQでは課金開始月(申し込み月)を1カ月目としていますが、他の多くのプロバイダーでは申し込み月の翌月を1カ月目としています。月の数え方が違うだけで中身は同じです。

上の図のUQコミュニケーションズでは、課金開始月を1カ月目として、契約期間は37カ月目の月末で満了します。38カ月目は、無料で解約できる月です。

他のプロバイダーでは、課金開始月の翌月を1カ月目として、契約期間は36カ月目の月末で満了します。37カ月目が無料で解約できる月です。

契約満了月以外に中途解約すると解約手数料は次のようになります。
(※ 課金開始月を1カ月目として)
1カ月目から13カ月目で解約・・・19,000円
14カ月目から25カ月目で解約・・・14,000円
26カ月目から37カ月目で解約・・・9,500円

39カ月目以降はまた3年契約が始まりますが、契約満了月以外の中途解約は一律9,500円です。

UQ以外を見てみると、GMOとくとくBBではサイト上で次のように説明されています。

端末発送月(申し込み月)の翌月を1カ月目として36カ月目が契約満了月となっています。つまり端末発送月を0カ月目としているわけで、契約期間の長さそのものはUQと変わりません。

契約期間が満了した翌月の37カ月目が契約更新月で、無料で解約できる月です。

契約更新月以外に中途解約すると解約手数料は次のように記載されています。

解約違約金として、端末発送月とその翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~12ヶ月目までのご解約の場合:19,000円(税抜)、13ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合:14,000円(税抜)、25ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:9,500円(税抜)がかかります。38ヶ月以降の解約違約金につきましても、36ヶ月ごとの契約更新月は0円、それ以外の月は9,500円(税抜)となります。」

これを整理すると次のようになります。
(※ 端末発送月を0カ月目として)
0カ月目から12カ月目で解約・・・19,000円
13カ月目から24カ月目で解約・・・14,000円
25カ月目から36カ月目で解約・・・9,500円

38カ月目以降はまた3年契約が始まりますが、契約満了月以外の中途解約は一律9,500円です。UQとは表現が違うだけで、実質的には同じことが分かります。

契約期間満了の解約方法

上記ですでにご説明しましたが、契約満了月の翌月が無料で解約できる月(契約更新月)です。無料で解約できるのは1カ月しかありませんから、すみやかに手続きを進めましょう。

UQコミュニケーションズでは

UQお客さまセンターで受付しています。
電話:0120-929-818
受付時間:9:00~21:00

解約がどこに出ているのかわかりにくいです。
⇒ 解約はこちらに出ています

GMOとくとくBB WiMAXでは

会員サポートページ BBnaviからネットで手続きができます。公式サイトには次のように書かれています。
「契約起算月の翌月を1ヶ月目とした37ヶ月目が契約更新月となり、契約更新月の前月21日から当月20日までの間はBBnavi上に解約ボタンが表示されます。

解約ボタンを押して手続きを進めればいいので簡単ですね。20日を過ぎた場合は翌月の取り扱いとなり、違約金がかかるのでご注意ください。

お客様センター
電話:0570-045-109
時間:平日10:00 ~19:00

契約期間3年は長いですね。3年も経てば最新だった端末も2世代前の機種になります。ここは3年満了で一旦解約して、そのときに一番安いプロバイダーを選べば良いんじゃないでしょうか。

プロバイダーによりますが、おおむね20カ月経過すると、最新端末に無償で機種変更できるようです。その時点で料金がどれだけ違うのかを確かめて、お得な場合は機種変更という方法もあります。

3年契約は機種変更の時点でリセットされ、新たに3年契約が始まりますから、その点も踏まえて検討されたら良いと思います。

その他の解約方法

初期契約解除について

初期契約解除制度は、消費者保護の観点からどのプロバイダーでも受け付けています。端末が到着して8日以内に返却することで、端末代金、違約金等の費用はかかりませんが、最初にかかる事務手数料3,000円だけは必要です。

GMOとくとくBBだけの20日以内の解約違約金無料キャンセル

これはGMOとくとくBB WiMAXだけの制度で、WiMAX2+のエリアには問題がないが、WiMAX端末の利用が初めてで不安がある方のためのものとなっています。

次の条件があります。
・ピンポイントエリア判定が「◯」場合であること。
・解約・返品の前に事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨を連絡すること。
・お申込み日を1日として、20日以内にGMOとくとくBBでWiMAX2+端末の返品を確認できること。

お客様センター
電話:0570-045-109
時間:平日10:00 ~19:00

無料なのは解約違約金の19,000円(税抜)のみで、事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料の返金は含まれないとなっています。
(※月額利用料は端末発送日から当月末日までの日割料金とその翌月1ヶ月分)

解約のことを知っておくのは大事なことです。特にご自身の契約満了年月は、必ず確認しておきましょう。

契約期間満了における解約では、端末はあなたのものになるので返却する必要はありません。

ピンポイントエリア判定も事前に必ず行っておきましょう。基地局の配置の関係で、大都市の市街地であってもポインポイント的に不感地域(エリア外)の場所があります。

プロバイダー別料金ランキングはこちらです。
⇒ 料金ランキングのページ