GMOとくとくBB

WiMAX エリア検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXなどモバイルWiFiを使いたい場合に、事前に使えるエリアかどうかを確認するのは必須です。

・都市部から離れた場所はエリアになっているかどうか
・都市部でも僅かですが空白地帯があるのでその確認

通常のエリア確認はこちらからできます。
⇒ サービスエリアマップ

住所番地を入力してエリアかどうかを確認するならこちらからです。
⇒ ピンポイントエリア判定

通常のエリア判定で○になっていても、ピンポイントエリア判定で地図上に出るピンを確かめたい場所に動かして地図を拡大し、画面左上の判定「詳細」ボタンを押すと、○や△などで判定結果が表示されます。

○の場合は「ご利用可能と思われます。」と表示されます。

△だと「窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合がありますので、Try WiMAXでのご試用をお勧めします。」といった情報が表示されます。

×の場合は「WiMAX 2+は現在エリア外です」と表示されます。

注意が必要なのは、エリア内であっても△の場所があることです。主に山間部やその周辺では電波状況が悪い場所があることです。

こんなときに確実なのはUQ WiMAXが行っている無料貸出「Try WiMAX」で確かめてみてはいかがでしょうか。

⇒ Try WiMAX

次の画像は、私が3年前にTry WiMAXを利用したときのものです。当時は220Mbpsの端末でしたが、今は440Mbpsのエリアになっています。

Try WiMAXは2週間利用できるので、十分に確かめることが出来ます。無料なので不安な方は事前にぜひ利用されることをおすすめします。

Try WiMAXを利用したからと言ってUQ WiMAXで契約しなければならないことはないし、ほかのプロバイダーで契約することも、なにも契約しないことも自由ですからご安心ください。

その結果、エリア内と判断できれば契約に進めばいいと思います。

プロバイダー選びはこちらを参考にしてください。
⇒ 料金ランキング