GMOとくとくBB

WiMAXを選ぶべきか迷っている方へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅での手軽なインターネット回線として、また外出時のWiFi回線としてWiMAXを検討している方は多いと思います。

そして、WiMAXにしようか光にしようか、はたまたポケットWiFiにしようかと迷っていらっしゃるのではないでしょうか。

私もいろいろ迷った経過があります。そして選択肢として次のような条件で選ぶのが一番いいのではないかと考えています。

その前提条件として、次のようなことを知識として知っていると便利です。

WiMAXの使い放題には速度制限がある

WiMAXの使い放題は「ギガ放題」という名称です。確かに見かけはデータ量の上限のない使い放題ですが、連続した3日間のデータ量が10GBを超えると、翌日の午後6時からその翌日の深夜2時までの8時間にわたって、速度が約1Mbpsに制限されます。

夜間の速度制限は、今日、昨日、一昨日の合計が10GBを下回るまで続きます。1日に3.3GBを超えて使い続けると、永久に速度制限が解除されません。1日のデータ使用量を把握しておく必要があります。

夜間の速度制限があっても構わないという場合は、データ使用量の制限はありません。そして、昼間は速度制限がないので通常通り使えますし、何GBでもダウンロードできます。

WiMAXもワイモバイルのポケットWiFiも、3日間10GBで夜間の速度制限があることを知っておいてください。

光回線やソフトバンクAirは完全上限なし

NTT光、ドコモ光、au光、ソフトバンク光などの光回線や、ソフトバンクAirという無線を使用したインターネット回線は、完全使い放題です。どれだけ使っても速度制限はありません。

自宅の固定回線としては、大きなメリットです。

ワイモバイルのポケットWiFiの使い放題はAXGPエリアのみ

ワイモバイルのWiFiルーターは、ポケットWiFiという商標登録がされています。これは、ソフトバンクの4G LTE回線を使用するものです。

容量は月5GB/7GBのプランと、上限のない「アドバンスオプション契約」をするプランがあります。

このアドバンスオプションプラン契約は、ワイモバイルのエリアならどこでも使えるわけではなく、AXGPエリア(バンド41、2.5GHz)だけで使えるプランです。

AXGPエリアはかなり狭いので、使用する場所がAXGPエリアかどうかの確認は必須です。

これらのこと念頭に置いて選択肢を見ていきましょう。

光回線を選択した方がいい方

速度制限のないデータの完全使い放題を希望する方は、光回線やソフトバンクAirを選びましょう。

特に家族全員がめいめいにインターネットを楽しみたい場合は、動画を見ると1回に6GBとか平気で使いますから、完全使い放題が便利でおすすめです。

WiMAXを選択した方がいい方

WiMAXエリアは、LTEエリアよりは狭くなりますが、ワイモバイルのAXGPエリアよりは断然広いです。

WiMAXの速度は440Mbpsで、東名阪エリアでは758Mbpsだし、これはどこでも普通に使えるWiFiルーターとしては最速です。そして月額料金も3,500円前後から使えるのは最安です。

3日間10GBの速度制限がありますが、それさえ支障なければ、WiMAXのエリアであることが確認できたなら、迷うことなくWiMAXを選択することをおすすめします。

なお、LTEでも最速1,288Mbpsなどの商品が出始めましたが、エリアがまだ実用的ではないし、それに対応するWiFiルーターはないのが現状です。

ワイモバイルを選択した方がいい方

ポケットWiFiの使い放題のAXGPエリアはかなり狭いですし、月額料金も4,000円以上と高額です。ワイモバイルを選択する方はずばり次の方です。

・データ量が月7GBか5GBで良い方
・安く使いたい方

Yahoo!モバイルだと月額2,480円前後から端末が出ています。データ量はそれほど使わないし、とにかく安く使いたい方には良いかもしれません。

ただ、WiMAXの7GBプランなら月額2,700円前後からありますので、よく検討をなさってください。