GMOとくとくBB

WiMAX 速度 W05 実測

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXの最新ルーターW05を入手しました。
(2018年2月23日現在です)

見た目は大きく感じますが、見慣れるとそれほどでもなくなります。昔のガラケーのようなサイズです。横長で両端がアンテナになっています。

1年前にはW03を使ったことがあるのですが、そのときはUSB接続しないと速度が出ませんでした。ところが、W05はWiFi接続でも十分な速度が出ました。

速度測定はサイトによって数字が大幅に違います。それに使用するパソコンの能力によっても左右されます。今回は、W05とスマホをWiFi接続して、スマホの速度計測アプリで実測してみました。

次がその結果です。

夕方6時ごろだったと思います。54Mbpsは、私の自宅のドコモ光(1Gbps)と同等の速度です。自宅は県庁所在地の隣接市で、WiMAX2+の440Mbpsエリアです。

この数字が良いか悪いかは人によって感じ方が違うと思いますが、わたしにとっては固定光回線とほぼ同等の良い数字だと思います。

実測すると分かりますが、数字は刻々と変化します。最大では80Mbpsあたりまで行きました。なお、USB接続してみましたが、数字はほとんど変りませんでした。通常はWiFi接続で問題ないと思いました。

参考になるか分かりませんが、ワイモバイルのGL10Pという110Mbpsのルーターで実測した結果がこちらです。夕方5時ごろ自宅で測定しました。

GL10Pとしては平均的な速度です。早いときで24Mbps、遅いときでは1Mbpsを下回ることもありました。

トータルとして、1年前のW03に比べても速度は約2倍になっているし、体感速度も自宅の光とほぼ同じです。

440Mbpsという速度はベストエフォートなので、実際には出るものではありません。でも、220MbpsのW03と比べても440MbpsのW05は速いですし、公称速度が速いほど通常使用する速度も速いことが分かりました。

接続方法も手動の方が分かりやすく、パソコンでW05の電波を捕まえておいて、パスワードを入力するだけで簡単につながりました。一度、パスワードを入力すれば、次からは自動的につながります。

WX04は口コミであまり良い評価ではないみたいですが、W05は接続が勝手に切れることもなく、1日中つないでいても安心して使えています。W05はおすすめできます。

業界最安値のプロバイダーはこちらです。
貴重な2年プランがありますし、GMOとくとくBBは契約満了時の解約がネットでできます。

⇒ GMOとくとくBB WiMAX2+
⇒ カシモWiMAX

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする