GMOとくとくBB

料金体系の変更

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月に、移動体通信の料金体系が大きく変わりました。主に、高すぎる契約解除料金と、長いしばり期間を解消しようとするものでした。

WiMAXも大きく料金体系が変わりました。
契約期間について
・契約期間の条件なし
・2年
・3年
これまでは3年が主流でしたが、期間の縛りのない契約や2年契約も出てきました。この分だけ月額料金が上がっています。一般的な契約解除料金は1,000円となりました。

ただ、これは端末機を別途購入する場合で、端末機を月800円などで24カ月払いなどにしている場合は、契約を解除すると端末機の残り料金を支払う必要があります。

GMOとくとくBBやBroad WiMAXのように、端末機が無料で付属してくる場合は、従来通りの高額な違約金がかかりますから、各公式サイトの欄外などに記載されている注意事項をよくご覧になってください。

端末機について
先にも記載しましたが、端末機は別途購入が一般的です。

UQ WiMAXでは15,000円、BIGLOBE WiMAXでは19,200円などとなっていて、一括払いでも24カ月払いでも選択できます。

24カ月払いの時は、月800円前後の料金が通信料に加算されます。

各プロバイダーは次のリンク先からご覧になれます。

業界最安値はこちら

GMOとくとくBB

⇒ GMOとくとくBB WiMAX2+

BroadWiMAX

⇒ BroadWiMAX

カシモWiMAX

⇒ カシモWiMAX

SIMカードだけの契約もある

BIGLOBE WiMAX

⇒ BIGLOBE WiMAX 2+

選択肢が増えたのは良いことです。
期間条件なしなら、1年という短期間で使うことができますし、プロバイダーによっては、手持ちの端末機にSIMだけ契約してWiMAXを使うこともできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする